MENU

セロトニン不足を補うサプリはおすすめ?

セロトニンは人間の睡眠に関係している神経伝達物質です。これが不足すると、よく眠れなくなります。セロトニンは適度な運動などで増やすことができます。また人との触れ合いによっても、増やすことが可能です。しかし、仕事が忙しかったり、家庭の事情により、運動ができなかったり、人と触れあえないこともあるでしょう。そんな時は、サプリを使って補うのがおすすめです。
セロトニンを増やすサプリにはいくつかの種類があります。その中で特におすすめなのは、トリプトファンが含まれたものです。トリプトファンはセロトニンを作り出すのに必要な物質です。これはアミノ酸の一種で、牛乳やチーズなどの乳製品、納豆などの大豆製品などに多く含まれています。ただし、食べ物だけでトリプトファンを増やすのは簡単ではありません。一度の食事で非現実的な量を取らないといけないので、サプリに頼った方が無難です。セロトニンを増やすサプリには、トリプトファン以外のものも含まれています。ビタミンやアミノ酸も含まれているので、体全体の調子を整えるのにも向いています。
腸内環境を良くすることでも、セロトニンを増やすことができます。この神経伝達物質は脳の中で作られますが、腸内にも存在しています。腸内のものが、脳の方へ行くことはできません。血液脳関門と言う機能により、血液から脳に入る物質は制限されています。しかし、脳のセロトニンを作る原料になる物質は、血液脳関門を通ることができます。そのためにできるだけ腸の状態を良好にして、セロトニンの原料となる物質を腸の中で増やす必要があります。最近は腸内フローラと言う言葉が有名になっています。これは腸の中の細菌のバランスです。腸の中には善玉菌と悪玉菌、日和見菌が住んでいます。悪玉菌が増えるすぎると、腸の環境は悪くなって、脳で作られる神経伝達物質の原料となるものも作られにくくなるのです。乳酸菌が含まれたサプリが効果的です。そのようなものだったら、腸の環境を良くして、脳の中で神経伝達物質が作られやすくなります。

 

 

セロトニン不足で起こる症状や病気とは

セロトニンは、人間にとって、幸福感や安心感を与える大切なものです。
規則正しく暮らしているぶんには、多くの場合、過度に不足することはないとされていますが、
ストレスの多すぎる生活や、不規則な生活を長く続けていると、減りやすいとされています。
セロトニンが不足してしまうと、さまざまな症状が出ます。
顕著に出やすいのが、不眠の症状です。
疲れているのにうまく眠れない、寝つけない、寝てもすぐ起きてしまうなどの、いわゆる睡眠障害が
出ることが多くあります。
放っておくと重症化し、慢性的な不眠症になるケースが多くみられます。
軽度のセロトニン不足であれば、適切な、本人に合った無理のないストレス解消法や、セロトニンを
補う薬などで、数ヵ月で改善されるともいわれています。
もちろん個人差がありますから、一概にはいえませんが、睡眠がうまくとれなくなってきたら、その時点で手当てを
することで、さらに先におこりえる病気をふせげるとされています。
先におこりえる病気とは、うつ病や、パニック障害などです。
うつ病や、パニック障害は、遺伝の影響もあるとされ、なりやすさには個人差があります。
ですから、どの程度セロトニン不足の生活が続くと必ずなるというものではありません。
そういった点は、ガンなどもそうですが、遺伝と、後天的影響のかけ算なので、どちらかの要素だけでは、

なるならないは判断できません。
しかし、セロトニンが不足してしまうと、うつ病や不眠症になりやすいので、かけ算の、半分の要素を
満たしてしまうと考えることは出来ます。
ですから、本格的な病気になる前に、手を打つのが肝要とされています。
セロトニンは、一番はじめに触れましたように、人間にとって、幸福感や安心感をもたらします。
ですから、減ってしまうと、焦りを感じやすくなったり、虚無感を感じてしまう人もいます。
重症化を防ぐことは可能なので、軽度の症状の時点で、休みをとったり、運動をしたり、場合によっては、
心療内科などでみてもらうとよいとされています。

 

 

セロトニンとは?特徴や効果

セロトニンは人間の体の中で働いている神経伝達物質です。セロトニンの特徴は、人間の精神状態に大きな影響を与えることです。この神経伝達物質が減少すると、うつ病になったり、睡眠障害が起こります。この物質は自分の心がけ次第で増やすことができます。これが増えてくると目に見えるような効果が出てきます。例えば、気持ちが明るくなったり、前向きに物事を考えられるようになります。良く眠れるようになる人も多いです。
セロトニンの特徴は他にもあります。この物質は脳と腸の2か所で作られます。人間の心の状態と直接つながりを持っているのは、脳で作れるものです。しかし、腸で作られるものも、脳とまったく無関係ではありません。腸で作られるものは、脳内のセロトニンの原料になります。この原料となる物質は腸の環境が悪いと作られにくくなります。言い換えれば、腸内の環境が悪くて悪玉菌が増加し過ぎていると、脳の中に原料が運ばれにくくなるので、脳内のセロトニンが増えないと言う悪い状態になってしまいます。
この物質のもう一つの特徴は、トリプトファンと呼ばれる物質が原料となることです。トリプトファンはアミノ酸の一種で、人間の体の中でビタミンB6と結びついて、セロトニンを作り出すします。トリプトファンはこの神経伝達物質を作り出す重要な要素の一つです。食べ物の中に含まれているので、毎日の食事の中でそれが多く含まれているものを取るように心がけましょう。牛乳やヨーグルトに多く含まれています。
セロトニンは、太陽の光を浴びると増加する特徴もあります。この特徴は意外に見落としがちですが、これを増やす効果は高いです。都会に住んでいたらお日さまにあたる機会が少なくなります。一日に一度でいいから、日光に当たるように心がけてしましょう。
どんな人でもセロトニンが不足する恐れがあります。現在の忙しい生活やアンバランスな食事によって、それが減少してしまうのです。可能な限り規則的な生活をして、バランスの良い食事をするようにしましょう。

 

 

セロトニン不足を解消する方法とは

現代人は脳内情報伝達物質のセロトニンが不足しがちです。偏った食生活、不規則な生活、睡眠不足、運動不足など現代人の生活習慣がそのものが原因となっていると言われますが、このセロトニンが不足すると、感情に抑制がきかずイライラしたり、うつ症状が出たり、心のバランスを崩しやすくなってしまいます。これを防ぐためにも、規則正しい生活を心がけることが大切です。

 

セロトニン不足を解消する良い方法として、生活習慣の改善を図ることが大切になってきます。その中でも基本となるのが、太陽の光、リズム運動、そして呼吸です。デスクワークが多い仕事の場合、セロトニンの分泌量が減ってしまいやすいので、昼休みなどには外を歩いたり、日光を浴びたりすることが大切です。外へランチを食べに行きながら、少し散歩するだけでも良い運動や日光浴になります。

 

食事からも効果的にセロトニンを増やしていくことができます。たとえば、動物性タンパク質に含まれている必須アミノ酸の一つのトリプトファンは、セロトニンを作り出すのを助ける働きがあります。またビタミンB6の摂取も欠かせません。ビタミンB6も動物性タンパク質に多く含まれる物質であるために、厳格なベジタリアンやアルコールを多く飲む人は、ビタミンB6が不足する可能性が高くなります。

 

その他、夫婦や恋人とスキンシップを高めるだけでもセロトニンが増えていきます。幸せな感情に欠かせない物質だからです。逆に幸せな感情を抱くことができなかったり、ストレスが多かったりすると良くありません。普段の食生活を見直すことが大切ですが、なかなか難しい方は、サプリメントから摂取するのも手です。ハーブを使用したサプリメントや酵素が含まれたサプリメントなど様々な種類のサプリメントが販売されています。ただセロトニンの摂取が多すぎると逆に体に良くないこともあります。酷い場合は意識障害を起こしてしまったり、中には死亡してしまうケースもあります。

 

 

セロトニン不足になる生活習慣とは

セロトニンは、脳の働きを保つ為に不可欠で、不足すると精神状態に不調が生じます。
セロトニン不足の原因は、必ずしも生活習慣だけにあるとは限りませんが、生活スタイルにも、不足が発生する恐れは十分にあります。
不規則な生活習慣、例えば就寝時間の乱れは、セロトニン不足を引き起こす代表的な原因の一つです。
夜更かしが習慣化していたり、昼間に寝て夜起きる昼夜逆転は、精神状態の安定化にとって大敵となる生活習慣です。
特に、朝起きて朝日を浴びない生活は、セロトニン不足を一層深刻化させる、懸念材料となり得るでしょう。
朝日を浴びる生活習慣は、体内時計をリセットする作用があります。
活動中に頭がぼーっとしたり、集中力が続かないのであれば、決まった時間に睡眠を摂った上で、強い光を浴びることがおすすめです。
一方では、運動不足もまたセロトニンを減らしたり、日常生活に支障を来す、生活習慣の引き金となります。
運動の多くは、リズミカルに動作を繰り返したり、筋肉を動かして血流を促進するので、脳にとっても嬉しい影響があります。
逆に、生活習慣から運動が失われれば、セロトニンの分泌を促す、折角の機会が損なわれることを意味します。
頭がぼんやりしてやる気が出ない、体を動かす気力もない場合は、逆に思い切って外出した方が、状態を改善する切っ掛けになるでしょう。
運動といっても、ハードな筋トレを行う必要はなく、身近な場所を散歩したり、景色を楽しみながら自由に歩き回るだけでも大丈夫です。
活発な運動は、脳や精神面が健康的になってからでも、決して遅くはありません。
セロトニン不足を引き起こすのは、能動的な原因に加え、受動的なストレスも無視出来ない存在です。
人の脳は、ストレスに耐えられるようになっていますが、それが頻繁だと麻痺してしまい、脳や精神に問題が発生します。
我慢には限界があるので、思っていることはなるべく口に出したり、ストレスの発生源から距離を置くことが、セロトニン不足を回避するコツとなります。

他にも、人間関係の希薄化や、スキンシップのない生活習慣の影響も懸念されますから、これらを見直すことが、生活習慣由来の症状改善に繋がります。

 

 

セロトニンを含む食品、飲み物とは

人体の精神的作用を及ぼす脳内の神経伝達物質であるセロトニンは、不足すると精神や生活習慣に多大な影響を与えてしまいます。例えば睡眠するためにはリラックスした状態で眠ることになりますが、セロトニンには体を落ち着かせてリラックスさせる働きがあるので不足すれば寝付きが悪くなると共に、翌朝の目覚めが悪くなるといった問題が起こります。また、精神安定に多大な影響を及ぼしているので、感情が制御できなくなったり、うつ症状を引き起こす原因ともなってしまいます。このセロトニンは神経伝達物質であり、食品に含まれる栄養素とは異なるので、直接食品や飲み物から摂取することはできません。ですが、セロトニンの原料となるトリプトファンやビタミンB6が過不足なく摂取できていれば、体内で合成して分泌することは可能となっています。アミノ酸の一種であるトリプトファンを含む食材としては鰹節を含むカツオ、高野豆腐や豆乳といった大豆製品、牛肉などの動物性タンパク質などです。普段の食生活を送っていれば十分な量が摂取できるので、本来は気にする必要はありませんが、ダイエットをしていると肉類や魚介類を避ける傾向にあります。ダイエット中に肉類や魚介類を食べないでいると原料が不足するため、セロトニンが分泌されなくなるので注意しましょう。もう一方のビタミンB6はにんにくやバジル、パセリといった香草に多く含まれ、豚肉や鳥肉などからも微少ですが摂取することが可能です。どちらも飲み物からも摂取することが可能で、手軽に補給しておきたいという場合には豆乳や野菜ジュースなどを飲むと良いかもしれません。セロトニンを分泌するためには原料を補給するだけでなく、日頃の生活習慣を改めることも大切です。日光を浴びることによって分泌され、定期的な運動でセロトニン神経が刺激されるので、不足しがちな場合は適度な運動と朝日などを浴びるような生活を心がけるようにしましょう。

 

 

 

セロトニンを増やす音楽で睡眠の質を上げよう → こちら